2002.05
2002.12

<画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます>

(写真8、9)
ウッドデッキ完成により達成感に浸り、しばしサボっていましたが、立水栓を製作しました。もともと家を建てる際に枕木の立水栓は設置してあったのですが、水を受ける部分は既存の良くある樹脂製のもので仮置きしていたので、早くやらねばと思っていたのですが、やっぱりウッドデッキが優先度No1なのでなおざりになっていました。
<写真8>
家を建てる際に、業者にこちらから渡して設置してもらった枕木の立水栓。蛇口のついている状態で売っていますが、蛇口と枕木を別々に購入して自分で合体させた上で建築業者に水周り工事前に手渡しし、水道工事のみ依頼。今回やっとそれ以降の工事についてDIY。
<写真9>
モルタル、レンガ、天然石などを使って完成させた立水栓周りの様子。

皆さんの作品のレベルの高さに驚くばかりです。家を新築してからアプローチよりも芝生ひきよりも何よりも優先してウッドデッキを製作、おかげでアプローチが土でなくなったのは入居から1年以上経ってからです。(というのも、まずはデッキでバーベキューにビール!足元が多少悪いというのにも勝る優先的??な理由からです)
<写真1(30%)>
レンガ基礎に据え置くだけという最も単純なものにしました。材料は耐候性などからレッドシダーなんかにしたかったのですが、SPF材を大量に「タダ」で入手できたので、組み付け前の完璧な塗装でカバー(したつもり・・・)して全面活用。見えるところはキシラデコール(色:ピニー)、基礎などの見えない部分はクレオソート油を塗装しました。
<写真2(40%)>
大きさは、約3m×6mに決めました。配置は半分は家のリビングに接し、半分は家から半島のように突き出させています。高さに関しては、家の基礎が高いことから、掃き出し窓に合わせると隣家との塀で腰から上がはみ出すほどになってしまう為、残念ながら掃き出し窓下面より1段下げました。

<写真3(60%)>
床面を全部張り終えた状態。手前右はこれから切断して揃えます。
<写真4(90%)>
ウッドデッキを家の裏側から眺めた様子。隣家との目隠しもかねて、側面はラティスフェンスを全面に使いました。裏側のラティスフェンスの切れ目から降りたところに、ストーンorレンガサークルなどを今後
製作予定です。

<写真5(ステップ)>
写真3でデッキ手前右下にある排水溝のふたを隠しながらステップを作製。デッキ側面にアクセントとしてレンガを2枚埋め込みました。また、ステップの石積み下段の石と 石の間はモルタルを入れずに、排水溝に庭の水を流せるようにしました。(ステップの際まで今後芝生を植える予定)
<写真6(100%)>
ついに完成!!一部家族に助けてもらったものの、腰痛もちの私1人でほとんど製作したので、土日にこつこつと半年あまり掛かってしまいました。友人とのバーベキュー 用に、それまで使っていたテーブルを2.3m×1mの天板に大型化!写真では見にくいですが天板中央にプランターを埋め込めるようにしてあります。皆さんもきっとそうだ と思いますが、ここでバーベキューをしながら飲むビールは格別です。

 
<写真7アプローチ>
デッキではないですが、デッキのせいでお預け状態だった玄関前のアプローチをこの連休に製作しました。今後も階段、物置き、立水栓周りなどDIYでまだまだ継続予定です。
 

名簿 デッキ館