2005.05

<画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます>
写真1
デッキ製作予定場所です。
窓は両開きのフレンチドア。ここにデッキを作ります。 曲線のあるデッキにしようと目論んでます。まずは遣り方の開始です。水糸を張って直角を出しています。ピタゴラスの原理ですね(^^;)。 
写真2
基礎の穴を掘り始めています。
水糸の交差しているところに穴を掘っていきます。

写真3
基礎のブロックを置いてみました。
ブロックの上にはアンカーボルトを埋め込みました。ブロックの下には砕石を入れ、突き固めてあります。この後モルタルで基礎を固定します。
 
写真4
ベース部分を組んでいます。
基礎とポストは金具でしっかりと固定されています。この方法により、木が直接コンクリートと接しないようになります。さらにボルトでしっかり止められているので、この時点でかなり頑丈です。 今回は収納スペースを確保するため、この方式をとりポスト数を減らしピッチを広めにとっています。 下には遮光シートを敷いてさらに砂利で押さえてあります。

写真5
ビームの設置をしています。曲線部分が結構おしゃれでしょう?o(^^)oこの部分は1x6を貼りあわせています。結構きれいにカーブが出ました。この後デッキ板をはっていきます。手前に見えるのが、勝手口の階段。実はここもテラコッタタイル+カルチャードブリック仕上げされてます。
写真6
収納部分の蓋となるところのヒンジです。強度に耐えるため頑丈なルータヒンジを使っています。本当はルータでしっかりとホゾをきるのですが、刃だけルータビットを使い、なんとインパクトドライバにつなげて掘ってしまいました。(ルータ持ってないもので・・・(^^;))ガススプリングが付きますから相当な負荷がかかります。ヒンジは全部で4つ。

写真7
収納蓋にガススプリングをつけました。(見えるかな?)相当大きな蓋ができています。これだけの大きさがありますが、片手で開けることができます。ガススプリングがないと・・・・とても一人じゃ無理です(^^;)
写真8
デッキを張り終わったところです。ちょっと暗いかな?2x6を張り、端はジグソーで曲面に合わせながらカットしていきます。
 
写真9
出来上がりです!(2001年5月現在)端材でブランコを作っちゃいました。ベランダの柱部分はラティスフェンスをバラして組み上げました。デッキライトをつけるためです。

写真10
デッキを反対側から見たところ。
いい雰囲気でしょ?

写真11
ちょっといい感じの写真だったので載せちゃいます。ポールに付いてるのはオイルキャンドルです。おしゃれでしょ?(^^)
写真12
ウッドチャックさんから買ったデッキライトです。ここは4x4に穴をあけて裏側に配線しています。
 
写真13
ベランダの足に取り付けた方のデッキライトです。これもラティスの内側に配線されています。

名簿 デッキ館