ウッドデッキ館

ウッドデッキDIY作品


芋久保さんのウッドデッキ


写真 1

5600x4000のウッドデッキの独立基礎14本、
小屋側の方はコンクリートのテラス(5600x1800)
をそのまま利用。独立基礎14本の内8本は1斗缶に配筋、
コンクリ 流し込んだ、6本はドイトで買った束石、砂利を
ネコで運び独立基礎周りを整地した









写真 2

大引き、根太を組んだ状態(150のタイコ引きx4000、
90x40x4000、すべて唐松)大引きは90x40x
4000を2本サンドイッチにして使用。材はすべてクレオ
ソートの2回塗り










写真 3















写真 4

5600x4000のウッドデッキの床板を張り終えたとこ
ろ、約1300本の釘を打ったのだ。最後の釘を打ち終った
ときは感動(?)した。












写真 5

西側階段、半割り丸太で側板を45度の角度カット基礎の上
にのせる。踏み板も半割り丸太で幅1140、蹴上げ200、
踏み面は230−260で側板と踏み板はホを組んだ。積雪
期は取外しタイプの階段。 南西側のコーナーのみログでノッ
チで組む予定。現在シルログを置いたところ。










写真 6

東側からの画像、朝日があたり樹木のシルエットが感動的(?)
だった。













写真 7

林道から敷地(ウッドデッキ側)60cm程高いので階段を作る。
階段は半割り丸太の側板、踏み板も半割り丸太で幅1140、
蹴上げ150、踏み面は230−260で側板と踏み板はホゾ
を組んだ。現在3段だが最上段に上部基礎と同じ高さのもう1
段プラスして4段になる予定。積雪期は取外しタイプの階段。










写真 8

中央がテーブル。テーブルの大きさはH700x800φの丸
太、左側が庭で利用していたログのベンチをウッドデッキ上に
載せた。大きさが3500x450φ(両端以外はチェーンソ
ーでほぼ四角にカット)丸太の左右に枕のように短い丸太をラ
ウンドノッチで組んだ。中央がテーブル上に置いてあるのが日
時計子供の2年前夏休み宿題(ほとんどお父さん作)、テーブ
ルの奥は丸太椅子と丸太の空缶つぶし機。








写真 9

南西側からの画像、正面はハーフシルログにフルシルログを載
せたところ。













写真10

ウッドデッキの南西側コーナーのログ(サドルノッチ)手すり。
2段目の4分の3出来た所(ファイナルで後60ミリ落す、
ハーフログのみラウンドノッチ)












写真11

道路からの階段、最上部1段を作る。上部の基礎と階段最上部
はフラットにした。これで4段昇り降りが楽になった。













写真12

南西側からのウッドデッキ全景、ログの手すりは2段半でおし
まい









写真13

南側(正面)からのウッドデッキ全景、階段右のノッチ組みは3
年前のログスクール時の作品。独立基礎の1斗缶と束石、外側
から見える所は次回ペンキ塗りの予定。










【名簿】【トップページ】